【菊花賞】戦い終えて

[ 2019年10月21日 05:30 ]

 ▼4着ディバインフォース(横山典)長い距離が合う感じ。最後はよく伸びてくれました。 レース結果

 ▼5着メロディーレーン(坂井)長く脚を使ってくれました。これからの馬だと思います。

 ▼6着レッドジェニアル(酒井)流れが遅くて伸びなかった。精神面が成長して今後が楽しみです。

 ▼7着タガノディアマンテ(田辺)外枠で距離ロスがあったけど、力を出し切れました。

 ▼8着カウディーリョ(M・デムーロ)ちょうどいいペースだと思ったけど、最後は苦しくなった。

 ▼9着ニシノデイジー(ルメール)直線は切れなかった。難しい競馬になってしまいました。

 ▼10着ヒシゲッコウ(スミヨン)いい感じで気分よく走られた。重賞は勝てる力はありますよ。

 ▼11着ホウオウサーベル(蛯名)相手が一気に強くなって手応えが楽ではなかった。

 ▼12着メイショウテンゲン(池添)出していったけど、追走に余裕がなかった。

 ▼13着ザダル(石橋)枠が良かったので、内でロスなく運べました。

 ▼15着ユニコーンライオン(岩田康)この出来で甘くなったので、最後は距離が長かったかな。

 ▼16着シフルマン(松山)イレ込んだ。ハナに行ければ行きたかった。

 ▼17着ヴァンケドミンゴ(藤岡佑)2番手から4角先頭のイメージで乗った。距離が長かった。

 ▼18着カリボール(藤井)距離が長かったです。

続きを表示

「2019 ジャパンC」特集記事

「京阪杯」特集記事

2019年10月21日のニュース