【第125期修了記念競走】原田雄、父&兄とオール2連対

[ 2019年9月21日 05:30 ]

イン逃げで制した定松勇樹(中央)を囲む準優勝の原田雄次(右)と3着の小原聡将
Photo By スポニチ

 原田父子はオール2連対達成となった。原田富士男(50=福岡)の次男・原田雄次(21)が養成所チャンプ決定戦5枠で登場。父と、長男で兄の原田才一郎が見守る中、5コースからコンマ01の快Sを踏み込んで1M外マイし2着でゴールした。父・富士男は「僕が(本栖養成所卒業競走)2着で兄は(122期で)優勝、弟は3着かなと思ったが準優勝。うちはオール2連対ですね」と笑った。原田雄は「父に勝って、兄にまずは追い付きます」と意気込んでいた。

続きを表示

「2019 菊花賞」特集記事

「富士S」特集記事

2019年9月21日のニュース