【万哲の乱 特別編】21日阪神11R 砂の重賞候補デンバーテソーロを信頼

[ 2019年9月21日 08:00 ]

 阪神11R・大阪スポーツ杯は◎デンバーテソーロ。2歳時は交流G3・エーデルワイス賞(2着=勝ち馬アークヴィグラス)、交流G2・兵庫ジュニアグランプリ(3着=勝ち馬デルマルーヴル)とダート交流重賞で好走していた底力の持ち主。一時、芝路線への転向を図っていたが、ダートに戻った前2走の好走は当然の話か。前走・尾頭橋特別(1着)は内で粘るアスクハードスパンをねじ伏せるように競り落とし、着差以上の完勝だった。昇級戦とはいっても、3歳馬の恩恵で別定53キロは大きい。重賞で好勝負していた実力を考えれば「3勝クラス」は通過点。

 《もうひと押し》阪神9R・ききょうSは◎カーフライターク。小倉新馬戦(芝1200メートル)は距離不足を底力でカバーして完勝。道悪巧者だった父エピファネイアの血統から、距離延長も雨予報もプラス。

続きを表示

「2019 秋華賞」特集記事

「府中牝馬S」特集記事

2019年9月21日のニュース