【WASJ】吉村キャベンに強力後押し 小桧山師「末脚を信じて乗ってもらえれば」

[ 2019年8月23日 05:30 ]

 【東西ドキュメント・美浦=22日】WASJの騎乗馬が決定した。秋田の目に真っ先に留まったのは第3戦、園田の吉村智洋と小桧山厩舎キャベンディッシュの組み合わせ。小桧山師は美浦イチの地方競馬通で、同出走回数も現役の関東調教師で断然の1位。大台を超えて1102回を誇る。今は廃止されてしまった中津や高崎でも勝利を挙げている。JRAデビューに先駆けて、弟子の高野和馬に高崎で初騎乗Vの舞台を用意したこともあった。

 吉村とのタッグは初めてだが「園田は川原正一や田中学、木村健(現調教師)と凄いジョッキーがいる。そこでリーディングを獲るんだからね」と期待を寄せる。コンビのキャベンディッシュは近2戦をともに上がり最速で3着。「末脚を信じて乗ってもらえれば」と要望した。WASJの他にも土曜7Rトップギア、日曜5Rヒマラヤジョバーナの2頭も吉村に依頼と強力バックアップの態勢。吉村のJRA初勝利なるか。週末が待ち遠しい。

続きを表示

「ディープインパクト」特集記事

「セントライト記念」特集記事

2019年8月23日のニュース