【キーンランドC】ペガサス軽快12秒4 戸崎も好感触

[ 2019年8月23日 05:30 ]

札幌競馬場ダートコースで単走追い切ったアスターペガサス  
Photo By スポニチ

 「第14回キーンランドC」の木曜追いが行われ、アスターペガサスが初騎乗となる戸崎を背に札幌ダートコースで5F65秒6~1F12秒4をマークした。最後は軽く仕掛けられて鋭い伸び。鞍上は「いい動きでした。テンションが上がるところがあると聞いていたけど、おとなしかったです。まだ緩さがあるけど、走りだすといいスピードがありますね。いろんな競馬ができるのも強みだと思います」と好感触を口にした。

 前日に函館から輸送しての木曜追いとあって、軽めにとどめてもよさそうなところ。そこでしっかりと負荷をかけられたのは、出来がいいからこそだ。木野助手も「輸送後もカイバをバリバリと食べて元気いっぱいです」と安どの笑み。古馬初対戦だった前走の函館スプリントSは番手から踏ん張って0秒2差の2着。きっちりと通用のメドを立て、今度こそ2つめの重賞タイトルをつかみとる。

続きを表示

「2019 朝日杯FS」特集記事

「ターコイズS」特集記事

2019年8月23日のニュース