【新潟2歳S】素直な気性サウンド好走だ

[ 2019年8月23日 05:30 ]

 【東西ドキュメント・栗東=22日】新種牡馬キズナ産駒は先週、小倉で未勝利グランスピードに新馬シャンドフルールと2勝。先月21日の函館2歳Sではビアンフェが快勝するなど早い時期から結果を出している。2歳重賞2連勝なるか。新潟2歳Sにはクリアサウンドがスタンバイ。デビュー前に坂路4F49秒9を叩き出したように動きが目立っていた。中京芝1400メートル新馬戦で評判通り勝ち名乗り。柏原が厩舎に向かうとタイミング良く杉山師に話を聞けた。

 「新馬戦も仕上がりは良かったのでそんなに変わったところはないですよ。牝馬らしく、いい意味でピリッとしていますね」

 追い切りで折り合いは確認済み。1F延びても引っ掛かるイメージはない。「うちの厩舎にキズナ産駒はクリスティ(新馬2着→今週土曜の小倉2R出走)もいて2頭とも真面目。気の悪さがないのがいいですよね」と素直な気性を特長に挙げた。稽古通り、しっかり走れる。これが結果につながっているようだ。

続きを表示

「ディープインパクト」特集記事

「2019 スプリンターズS」特集記事

2019年8月23日のニュース