【東京新馬戦】サクセッション初陣飾る 福永が大絶賛

[ 2019年6月17日 05:30 ]

東京新馬戦で福永騎乗のサクセッション(右)は藤田菜七子のグレイトホーンと競り合い1着(撮影・西川祐介)
Photo By スポニチ

 東京5R新馬戦(芝1600メートル)は、3番手から伸びた1番人気サクセッション(牡=国枝、父キングカメハメハ)が逃げ粘るグレイトホーンを抜き去ってデビュー勝ち。

 騎乗した福永は「凄くセンスのいい馬。文句のない内容で勝てた。この時期の2歳なのでトモ(後肢)に甘さがある分、エンジンが掛かるまで時間はかかったけど、それ以外は何も言うことがない」と大絶賛。国枝師は「合格点じゃないかな?今後はノーザンファーム天栄(福島)に一度出して考えます。秋まで待ってもいいかな」と笑顔だった。

続きを表示

「中京記念」特集記事

「函館2歳S」特集記事

2019年6月17日のニュース