【日本ダービー】ダノンキングリー首差及ばず2着 戸崎「本当に悔しい」

[ 2019年5月26日 16:48 ]

<第86回ダービー>ゴール前で激しく叩き合う、優勝したロジャーバローズ(奥)の浜中騎手と、2着ダノンキングリーの戸崎騎手 (撮影・田中 和也)
Photo By スポニチ

 ダービーの2着は3番人気のダノンキングリー(牡3=浜中)。ラストは内で粘るロジャーバローズを目がけて猛然と追い上げたものの首差だけ及ばず。皐月賞から1つ着順を上げたが、またしても勝ちには届かなかった。

 レース後、痛恨の表情だったのは鞍上の戸崎。「馬はまさにダービー仕様という出来だった。あそこまで行っただけに、本当に悔しい」と唇をかんでいた。

続きを表示

「上半期のグランプリ 宝塚記念」特集記事

「スポニチAI競馬予想SIVA」特集記事

2019年5月26日のニュース