1番人気サートゥルナーリア4着 ダービー「6番枠」は33連敗に…

[ 2019年5月26日 16:22 ]

<第86回ダービー>4着に敗れたサートゥルナーリア(撮影・田中 和也)
Photo By スポニチ

 3歳牡馬クラシック第2戦「第86回東京優駿(日本ダービー)」(G1、芝2400メートル)が26日、東京競馬11Rで行われ、単勝12番人気で浜中騎手騎乗のロジャーバローズ(牡3=角居厩舎)が優勝した。1番人気で皐月賞馬のサートゥルナーリア(牡3=角居厩舎)は4着。無敗での2冠達成はならなかった。

 皐月賞馬サートゥルナーリアは6番。過去85回でわずか2勝、86年のダイナガリバーを最後に勝っていない馬番で、この日のレースで33連敗の6番枠となってしまった。

続きを表示

この記事のフォト

「上半期のグランプリ 宝塚記念」特集記事

「スポニチAI競馬予想SIVA」特集記事

2019年5月26日のニュース