【日本ダービー】サートゥル 無敗2冠獲りへ態勢整う

[ 2019年5月22日 14:25 ]

 令和最初となる「日本ダービー」で、無敗の2冠獲りに挑む皐月賞馬サートゥルナーリア(牡=角居、ロードカナロア)は、CWコースで最終追い切りを行った。併せたタニノフランケルに楽々な手応えのまま1馬身先着。1週前追いは初コンビのレーンがまたがって感触を確かめており、2歳暮れのホープフルSから“G13連勝”へ態勢は整った。

 辻野助手は「先週より、もう一段階、負荷を掛けていった。後ろから外を回しても我慢ができていたし、加速してから脚も相変わらず良かった。いい精神状態と馬体の雰囲気でいける」と話した。

続きを表示

「上半期のグランプリ 宝塚記念」特集記事

「ユニコーンS」特集記事

2019年5月22日のニュース