【日本ダービー】ウィナーズサークル以来30年ぶり“伝説V”なるか

[ 2019年5月22日 05:30 ]

平成元年のダービーを制した芦毛のウィナーズサークル
Photo By スポニチ

 令和元年ダービーの話題の一つが、30年ぶりに“芦毛のダービー馬”が誕生するか。今回の登録馬で、芦毛はメイショウテンゲンとエメラルファイトの2頭。武豊はこれまでオグリキャップ、メジロマックイーン、クロフネ…、芦毛の名馬と数々の伝説をつくってきた。

 1着賞金が初めて1億円を超えた平成元年のダービー。郷原洋行騎乗で勝利したウィナーズサークルは、現在に至るまで唯一の芦毛のダービー馬。同馬は芦毛以外にも、芝未勝利、茨城産のダービー制覇も史上初だった。平成に続き、新元号最初のダービーで再び芦毛馬のドラマを期待したい。

続きを表示

「ラジオNIKKEI賞」特集記事

「CBC賞」特集記事

2019年5月22日のニュース