【ダービー水曜追い】ニシノデイジー、単走でのびのび 勝浦「東京にマイナスイメージはない」

[ 2019年5月22日 16:58 ]

 ニシノデイジー(牡3=高木)は主戦・勝浦を背にポリトラックで5F67秒9~1F12秒4(馬なり)。のびのびと駆け抜けた。勝浦は「乗るのは皐月賞当日(17着)以来。掛かることもなくスムーズだった」と好感触だ。

 中山の前3戦は結果が出ていないが、東京では昨秋東京スポーツ2歳Sの快勝実績が光る。「中山は合うと思っていたが、実際に勝っている東京にマイナスイメージはない。距離が延びるのもマイナスではないと思うし、乗り方ひとつ」と重賞2勝の底力に託した。

続きを表示

「上半期のグランプリ 宝塚記念」特集記事

「スポニチAI競馬予想SIVA」特集記事

2019年5月22日のニュース