鈴木康弘氏に旭日小綬章 厩舎関係者20年ぶり5人目

[ 2019年5月21日 05:30 ]

 政府は21日付で2019年春の叙勲受章者を発表し、鈴木康弘元日本調教師会会長(75)が旭日小綬章を受章した。旭日章は日本の勲章の一つで、社会のさまざまな分野で顕著な功績を上げた者を表彰する。厩舎関係者の旭日章受章は89年の田中朋次郎元調教師以来30年ぶり5人目。

 鈴木氏は「身に余る光栄です。調教師を引退して4年余になりますが、今後も競馬を外から応援していきたい」と喜びを語った。

続きを表示

「2020 大阪杯」特集記事

「ダービー卿CT」特集記事

2019年5月21日のニュース