ロイヤルタッチ含む3頭の種牡馬死す

[ 2019年2月5日 05:30 ]

 種牡馬として活躍したエイシンサンディが2日朝、鹿児島県姶良郡のホーストラストで死んだ。放牧地で右後肢を骨折し、息を引き取った状態で発見された。サンデーサイレンス産駒の同馬は未出走ながらレックススタッドで種牡馬入り。セイクリムズンやミツアキサイレンスなどの活躍馬を送り出した。また重賞2勝、種牡馬としてはアサヒライジングを出したロイヤルタッチは2日午後5時40分に北海道の畠山牧場で、同じく重賞2勝サクラスピードオーは1日午後3時ごろに北海道の新和牧場で、いずれも老衰のため死んだ。

続きを表示

「七夕賞」特集記事

「プロキオンS」特集記事

2019年2月5日のニュース