【2歳馬情報】グランデストラーダ 可能性を秘めた大器

[ 2018年9月20日 15:58 ]

 日曜阪神5R(芝2000メートル)にグランデストラーダ(牝2=友道、父ハーツクライ)がデビュー。馬名はイタリア語で「大きな道」。その第一歩を踏み出す時が来た。目を引いたのが本馬場(芝コース)で追われた1週前追い切り。5F66秒4〜1F11秒7の時計で併せたビーチサンバ(先週の阪神新馬戦を2馬身差快勝)にクビ差迫る動きを見せた。

 友道師は「追うごとに良くなるが気性的におっとり。ビーチは新馬向きと思ったが、こちらは使いつつかな」とやや抑えたコメント。祖母がハッピートレイルズで伯母にマイルCSを制したシンコウラブリイやハッピーパスがいる良血。器の大きさは疑うまでもない。鞍上にはM・デムーロが起用される。

続きを表示

「平成最後のグランプリ 有馬記念」特集記事

「2歳マイル決定戦 朝日杯FS」特集記事

2018年9月20日のニュース