【菊花賞】傾向と対策

[ 2017年10月21日 05:30 ]

 過去10年の結果から傾向を探る。

 ☆人気 1番人気は【5・1・2・2】と安定しているが、7、8番人気が1勝ずつと伏兵の台頭も。

 ☆前走 勝ち馬8頭が神戸新聞杯1〜3着。15年のキタサンブラックがセントライト記念1着から、09年スリーロールスが1000万Vからのステップ。セントライト記念組は【1・2・2・40】と苦戦。

 ☆脚質 4角4番手以内の馬が8勝。まくりも決まるが、自分から動けないと厳しい。

 ☆馬番 勝ち馬7頭が6番以内。内枠が優勢。

 結論 ◎キセキ 〇サトノアーサー ▲ミッキースワロー

続きを表示

「平成最後のグランプリ 有馬記念」特集記事

「WEB限定予想コラム」特集記事

2017年10月21日のニュース