【ステイヤーズS】カムフィー単走追い 力みなく滑らかに疾走

[ 2016年12月1日 05:30 ]

 昨年の2着馬カムフィーはWコースで前に馬を置く形の単走追い。力みのないフォームでゴールまで滑らかに駆け抜けた。

 池上和師は「折り合いに課題があるタイプだが、道中でうまく我慢してリズム良く走れていた」と納得。レースに向けては「今年の春~夏には少し落ちているかと思ったが、前走の天皇賞・秋(13着)は少し掛かったけど頑張った。まだやれる」と地力健在をアピール。

続きを表示

「伝統の古馬長距離G1 天皇賞(春)」特集記事

「青葉賞(G2)」特集記事

2016年12月1日のニュース