【チャンピオンズC】モンドクラッセ攻め馬強化「勲章をあげないと」

[ 2016年12月1日 05:30 ]

併せで追い切ったモンドクラッセ
Photo By スポニチ

 【G1ドキュメント=30日】モンドクラッセの追い切りを見届けた清水英師が語気を強めて言い放った。「これだけ頑張ってきた子に勲章をあげないと罰が当たると思うんです。そのために…」。言葉をいったん切って510キロ超の巨体に頼もしげな視線を向けると、こう続けた。「追い切りでビシッとワンパンチ入れたんです。一発狙います」

 勲章獲りを懸けたワンパンチとは…。長老記者・梅崎の双眼鏡に映ったのは、目標をAからBに切り替えてストライドを伸ばす猛稽古。8馬身先行していた同厩舎の2頭(目標A)を4コーナーで捉えると、並ぶ間もなく突き放していく。直線ではさらに5馬身先を進んだ2頭(目標B)に手綱をしごいて急接近した。Wコース4F53秒4、ラスト1F12秒5。前走時(同56秒5、13秒3)よりも明らかに攻め馬を強化してきた。「ビシッと追った方が結果を出せると思う。北海道(大沼S勝ち)の時もそうだったから」と同師は言う。

 持ち前の先行力を生かして重賞6戦のうち4回掲示板に乗った堅実派。その半面、詰めが甘くて勝ち切れない。「でも、前走内容は悪くありません。テンが速すぎたせいで他の先行馬が(直線で)下がる中、よく逃げ粘っています」。G1初挑戦となったフェブラリーS(8着)は先行馬ぞろいで主導権を取れなかったが、2度目のG1は一転して同型不在の組み合わせ。「道中で機嫌を損ねると止まってしまうが、自分のリズムで行ければ…。強い相手に胸を借りる立場でも、侮れないですよ」。勝負を懸けた最終追いのワンパンチ。狙うはモンドセレクション金賞。「競馬にそんな勲章はないですよ」と同師は笑った。

続きを表示

「中山記念(G2)」特集記事

「阪急杯(G3)」特集記事

2016年12月1日のニュース