【ステイヤーズS】モンドインテロ、意欲的に稽古「距離大丈夫」

[ 2016年12月1日 05:30 ]

3頭併せで追い切るモンドインテロ(左)
Photo By スポニチ

 アルゼンチン共和国杯4着から臨むモンドインテロが、Wコースで意欲的な稽古を敢行した。大きく先行した2頭との差を徐々に詰め、直線は内へ。いっぱいに追われ、外マレーナ(5歳1000万)に1馬身、中クロノスタシス(3歳500万)に3馬身先着。

 手塚師は「前回よりいい。距離はやってみないと分からないが、たぶん大丈夫」と上積みの大きさを強調していた。

続きを表示

「伝統の古馬長距離G1 天皇賞(春)」特集記事

「青葉賞(G2)」特集記事

2016年12月1日のニュース