【秋華賞】1番人気ビッシュ10着惨敗…鹿戸師「精神的に弱い」

[ 2016年10月17日 05:30 ]

<京都11R・秋華賞>10着に終わり引き揚げるビッシュ(手前)
Photo By スポニチ

 1番人気に支持されたビッシュは、見せ場すらつくれず10着惨敗。後方待機から向正面で徐々にポジションを上げ、3~4角は勝ったヴィブロスをマークする形。理想的な運びに見えたが、直線で伸びを欠いた。無表情で引き揚げてきた戸崎は、検量室で何度もレースVTRを見返し首をひねるばかり。「返し馬の感じは良かった。3角で勝ち馬を見ながら上がって行こうとしたが、そこから反応がなくなった。原因が分からないが、力を出し切れなかった」と肩を落とした。

 鹿戸師は意気消沈しながらも「1~2角でゴチャついて相当モマれていた。そういう面も影響したかも。体も減っていなかったし体調は万全だったと思う。これまでスムーズなレースしか経験がなかったし、精神的に弱いところがあるので、もう少し成長しないといけない」と冷静に振り返った。今後のプランは白紙。今は苦い経験が、将来の糧となると信じるしかない。

続きを表示

「中山記念(G2)」特集記事

「阪急杯(G3)」特集記事

2016年10月17日のニュース