【京王杯SC】戦い終えて

[ 2016年5月15日 05:30 ]

 ▼2着サンライズメジャー(戸崎)位置取りは関係なく、折り合いだけに専念。いい脚を使った。

 ▼3着ロサギガンティア(M・デムーロ)2着だと思ったが、最後に止まった。1400メートルは少し忙しいのかもしれない。

 ▼4着ダッシングブレイズ(浜中)大外であまり置かれ過ぎないように乗ったが、直線でエンジンの掛かりが遅かった。

 ▼5着アイライン(吉田豊)スタートが速くなかったので内に入り、最後はうまくさばいてこられた。一瞬の脚を持っている。

 ▼6着オメガヴェンデッタ(武豊)抜けられそうな感じも、決め手の差が出た。少し重い馬場がいい。

 ▼7着エイシンスパルタン(藤岡佑)内の馬が主張してきて一瞬(ハミを)かんだが、すぐに落ち着いた。でも直線で手前を替えず、反応がなかった。

 ▼8着サクラゴスペル(ボウマン)リラックスして走らせる指示。4角を回っても手応えはあったが、他馬の上がりが速かった。

 ▼9着ヴェルステルキング(福永)3角で接触したが、その後はスムーズ。直線の坂で脚が鈍ったけど、力をつけている。

 ▼10着ブラヴィッシモ(内田)まだ背中に緩さがあり、これからの馬。

 ▼11着サザナミ(T・ベリー)スタートでぶつけられ、気持ちが落ち着くまでに時間がかかった。

 ▼12着ヒルノデイバロー(太宰)1400メートルで楽に行けたが、直線で思ったほど伸びなかった。

 ▼13着クラリティスカイ(三浦)いいポジションを取れた。直線で伸びなかったのは久々の分。

 ▼14着ダンスアミーガ(ルメール)あと400メートルで(脚が止まり)レースが終わってしまった。

 ▼15着ダイワリベラル(菊沢師)1400メートルは忙しかったかな。うまく脚がたまらなかった。

 ▼16着エポワス(柴田善)きょうは久々だったから。叩いて良くなる。

続きを表示

「優駿牝馬 第80回オークス」特集記事

「平安S」特集記事

2016年5月15日のニュース