エルウェーウィン死ぬ、26歳 92年朝日杯3歳SでG1制覇

[ 2016年4月8日 05:30 ]

 92年の朝日杯3歳Sを制したエルウェーウィン(セン26)が7日朝、病気のためけい養先のホースガーデンしらおい(北海道白老郡白老町)で死んだ。

 アイルランド産のカーリアン産駒で、朝日杯3歳Sではビワハヤヒデを鼻差抑えてG1初制覇。その後は勝利から遠のいたが、96年のアルゼンチン共和国杯を制し、復活を果たした。種牡馬としては活躍馬を出せず、その後は功労馬として過ごしていた。通算40戦5勝。

 ▼南井師(騎手として朝日杯3歳Sやアルゼンチン共和国杯に騎乗) 自分はいいところで乗せてもらいました。朝日杯3歳Sでビワハヤヒデに競り勝ったように根性のある馬でした。

続きを表示

「東京優駿 第86回日本ダービー」特集記事

「目黒記念」特集記事

2016年4月8日のニュース