トーセンスターダム 豪州移籍で現役続行、14年きさらぎ賞制覇

[ 2016年4月8日 18:08 ]

 14年きさらぎ賞、チャレンジCを制したトーセンスターダム(牡5)が、オーストラリアのウィアー厩舎に移籍することが決定。8日、現地紙が報じた。同馬は豪州遠征中に鼻出血を発症し、G1・クイーンエリザベスSを断念。帰国する予定だったが、前年の豪州遠征(2、5着)を高く評価した「オーストラリアン・ブラッドストック」がオーナー権利の半分を購入。現地にとどまって競走生活を続ける。通算成績は16戦5勝(海外含む)。

続きを表示

「AJCC」特集記事

「東海S」特集記事

2016年4月8日のニュース