【天皇賞・春】ウインバリアシオン 左前脚故障、競走能力を喪失

[ 2015年5月4日 05:30 ]

 悲願のG1制覇を目指したウインバリアシオンは、ラスト1F過ぎにフットワークを乱して12着。入線後にコース場で福永が下馬。検査の結果、左前脚浅屈腱不全断裂で競走能力喪失と診断された。福永は「直線に向くまでイケるかな…と思ったんだけど」と回顧。「命は助かったことが不幸中の幸い。7歳まで一線級でよく頑張ってくれました」と重賞2勝、G1・2着4回の名バイプレーヤーを称えた。今後は未定。

続きを表示

「砂の王者決定戦 フェブラリーS」特集記事

「小倉大賞典(G3)」特集記事

2015年5月4日のニュース