「奇跡の馬」ラムタラが死亡 22歳 欧州3冠、4戦無敗

[ 2014年7月8日 12:44 ]

死亡したことがわかったラムタラ

 名馬ラムタラ(牡22)が死亡したことが分かった。7日にUAE・ドバイの競走馬管理団体ゴドルフィンが発表したもの。

 ラムタラは、94年にデビュー戦で勝利した後、翌年の英ダービー、キングジョー6世&クイーンエリザベスS、凱旋門賞にも勝ち、史上2頭目の欧州3冠を達成し、4戦無敗のまま引退。欧州では「奇跡の馬」と呼ばれた。

 種牡馬入りし、1996年に日本の競馬史上最高額の33億円で種牡馬として輸入されたが、日本の馬場に合う産駒を輩出できず、06年に英国の生産者に約2730万円で買い戻され、余生を送っていた。

続きを表示

「2019 菊花賞」特集記事

「富士S」特集記事

2014年7月8日のニュース