【函館記念】エアソミュール“ビュン”と10馬身差追いついた!

[ 2013年7月11日 06:00 ]

 エアソミュールはWコースでの最終追い切り。単走と思われるほどはるか前方、約10馬身差のサンビスタ(4歳1000万)を追いかけての併せ馬。それを残り100メートルを切ったところできっちり並びかけ、最後は併入でゴールした。

 ラスト1Fは馬なりで12秒4を計時。「もう追いつかんなと諦めたけど追いついた。ビュン、と来た」と手綱をとった和田は瞬発力を絶賛した。

 その和田はこの馬と1年2カ月ぶりとなる再コンビに感慨深げ。「クラシックを狙えると思っていた。でもダービーの権利(プリンシパルS13着)を獲れなかったからね」と素質の高さを評価しながら再び巡ってきたコンビに気合十分。

 「この馬がホンマに折り合ったらどれだけ強いか」

 馬の課題もしっかりつかんで“ほれた”馬に重賞のタイトルをプレゼントするつもりだ。

続きを表示

「東京優駿 第86回日本ダービー」特集記事

「目黒記念」特集記事

2013年7月11日のニュース