【オークス】大物デニムアンドルビー 調教レベル上げて樫獲り

[ 2013年5月14日 06:00 ]

 遅れてきた大物が桜花賞組も蹴散らすか。未勝利戦に続き、フローラSも快勝したデニムアンドルビー。小滝助手は驚きの表情を浮かべた。「凄い。未勝利を勝ったばかりで、前走は何とか優先出走権(3着以内)をという感じだったが、びっくりした」。陣営の期待をはるかに上回る結果だった。

 とてつもなく長くいい脚を使えることが最大の武器だ。序盤は最後方。3角付近からポジションを上げ、直線でも伸びが鈍らない。前走では初の関東遠征、左回り、やや重馬場も難なく対応してみせた。センスと馬力を兼ね備えている。

 長距離輸送がありながら2キロ増だった前走。以前よりカイバ食いが良くなり、その分、調教のレベルも上がった。1週前追いではオールザットジャズ(5歳オープン)と併せ、ハードなメニューをこなした。「桜花賞組は強いが今の感じなら楽しみ」(同助手)。勢力図を一気にひっくり返すか。

続きを表示

「2020 安田記念」特集記事

「鳴尾記念」特集記事

2013年5月14日のニュース