【オークス】ローブティサージュ 放牧出して桜花賞前より好感触

[ 2013年5月14日 06:00 ]

 桜花賞では好位のインからしぶとく伸びて5着だったローブティサージュ。2歳女王としての地力は示した。野本厩務員は「ビッシリ攻めて体が減り過ぎた(12キロ減)感じだった。それでも、しっかり走ってくれた」と振り返った。「中間、短期間でも放牧に出したのは良かった。桜花賞前よりも雰囲気はいい」と気配の良さを伝えた。

続きを表示

「2020 安田記念」特集記事

「鳴尾記念」特集記事

2013年5月14日のニュース