【新潟大賞典】トーセンラー 悪馬場も12秒8

[ 2012年5月3日 06:00 ]

 新潟のメーン「新潟大賞典」の追い切りが行われ、重馬場の日経賞で10着に敗れたトーセンラーは浜中を背に芝コースへ。雨でしぶった馬場でも気持ちを切らさず、軽快なフットワークで駆け抜けた。1Fは12秒8。片桐助手は「馬体重に変化はなくても、付くべきところに筋肉が付いてきた。前回より具合はいい」と好感触。「前走は馬場が悪かったし何とかいい馬場でやりたい」と好天を願っている。

続きを表示

「上半期のグランプリ 宝塚記念」特集記事

「スポニチAI競馬予想SIVA」特集記事

2012年5月3日のニュース