橋下徹氏 きょう改正規制法成立の岸田首相に“助言”「民間人になる覚悟で改革をやりまくったら…」

[ 2024年6月19日 07:24 ]

橋下徹氏
Photo By スポニチ

 元大阪府知事で弁護士の橋下徹氏(54)が19日、自身のSNSを更新。岸田文雄首相の政権運営について言及した。

 自民党派閥の政治資金パーティー裏金事件を受け、自民が提出した政治資金規正法改正案はきょう19日の参院本会議で可決、成立する。

 パーティー券購入者名の公開基準を現行の「20万円超」から「5万円超」へ引き下げ、「いわゆる連座制」として政治資金収支報告書の「確認書」交付を国会議員に義務付ける。企業・団体献金や、不透明さが指摘される政策活動費は温存された。

 橋下氏は「岸田さん、ここまで来れば狂ったように、改革案件を片付けていけばいいのに。自民党議員や業界や高齢者から猛反発を受けても、あとは民間人になればいいだけなんだから。総理総裁や国会議員に居続けることにこだわらず、民間人になる覚悟で改革をやりまくったら、気付いたら支持率が上がってるよ」と“助言”を送った。

続きを表示

「美脚」特集記事

「STARTO ENTERTAINMENT」特集記事

2024年6月19日のニュース