さんま ジミーが警察官に間違って連行されかけた“大事件”…家に「変なやつが来てるので」の説明でまさか

[ 2024年6月16日 22:21 ]

明石家さんま
Photo By スポニチ

 タレントの明石家さんま(68)が16日放送のニッポン放送「明石家さんま オールニッポンお願い!リクエスト~心はロンリー!あぁ痛恨の大失敗!!~」(後6・00)に生出演。タレントのジミー大西(60)が警察官に連行されたできごとを振り返った。

 ジミーがさんまの運転手を務めていた頃、「ファンが家に来たり、迷惑をかけたりして。(家のチャイムを)ピンポンピンポン鳴らしたりとか。芸能界で売れるのって、こういうことやなって言い聞かせないとやってられない時代があった」と、様々なファンがいたという。

 その中で「変な女性がいた。(娘の)IMALUに触ろうとした。“かわいい”って。生まれたばっかりやから、大竹さんも“怖い”って」とオートロックにも関わらず塀を乗り越えて敷地内に侵入してきた女性がいた。

 これにさんまは「アカンわ」と思い、ジミーと一緒に追いかけて女性を確保。ジミーが女性を取り押さえ、さんまは警察に連絡。到着後に「変なやつが来てるので、すいませんが連れて行っていただけますか?」と事情を説明した。

 警察官が「わかりました」と快諾して事なきを得たかと思われたが、「ジミーが連れて行かれた」と、まさかのジミーが不審人物に間違われた。このエピソードにスタジオから笑い声が起きると、さんまは「これマジやで」と本当にあったできごとだと強調した。

 警察官に連行されそうになったジミーは「違います!違います!僕じゃないです」と必死に伝えている様子に、侵入していた女性が大笑いしたという。この女性にさんまは「また腹立って」と怒りがこみ上げたものの、「俺もあまりのことに笑ってしもうて」と笑ってしまった。

 まさかの間違いに警察官も思わず笑ってしまい、さんまは「すごい事件になりかけのようなことが、もう…その警察が取った行動でそうなってしもうた」と大事件が笑いに変わってしまったことを振り返った。

続きを表示

「美脚」特集記事

「STARTO ENTERTAINMENT」特集記事

2024年6月16日のニュース