カブス・鈴木誠也に次男誕生!妻・畠山愛理が出産報告「夫がちょうどシカゴにいるオフ日に陣痛が…」

[ 2024年6月17日 00:51 ]

畠山愛理
Photo By スポニチ

 カブス・鈴木誠也外野手(29)の妻で、元新体操日本代表でキャスターの畠山愛理(29)が17日、自身のインスタグラムで、第2子となる男児を出産したことを報告した。

 ベビーの足の画像を投稿し「先日、第二子の男の子が誕生しました」と報告。「妊娠中、出産と、私たち家族をサポートしてくださったみなさんに、心から感謝しております。ありがとうございました」と感謝を記した。

 「タイミングをみていたかのように、夫がちょうどシカゴにいるオフ日に陣痛がきて、一緒に出産をむかえることができました」と夫の鈴木も立ち会ったという。

 「元気モリモリなお兄ちゃんと過ごす妊娠生活は、気づいたら臨月、出産と、本当にあっという間でした」と振り返り、「下の子ができると長男がとても大きく見えるけど、“お兄ちゃん”と言ってもまだまだ甘えたい年頃だということを忘れないように子育てしていきたいです 愛おしくてたまらない存在がもう1人増えて、益々賑やかな毎日!髪がボサボサなことだってよくあるし、メイクももう眉毛あればいっか みたいな感じで、毎日無理せず、完璧ママじゃなく笑顔なママでいれるように!」と2児のママとなった心境を告白。

 「子供の成長ははやいから、一瞬一瞬をより大事に、目に焼きつけて過ごしていきたいです」と結んだ。

 鈴木と畠山は2019年8月に結婚。22年9月に第1子となる長男の出産を公表した。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「STARTO ENTERTAINMENT」特集記事

2024年6月16日のニュース