「アンチヒーロー」裏切った登場人物は裏切ってなかった!「やっぱりこちら側」「疑ってごめん」

[ 2024年6月16日 22:19 ]

TBS日曜劇場「アンチヒーロー」最終話、法廷シーンを演じる大島優子(C)TBS
Photo By 提供写真

 俳優・長谷川博己(47)主演のTBS系日曜劇場「アンチヒーロー」(日曜後9・00)の最終回が16日、25分拡大SPで放送された。

 同作は司法組織を舞台にしたオリジナルの物語で、キャッチコピーは「殺人犯へ、あなたを無罪にして差し上げます。」無罪の証拠を探して依頼人を助ける救世主ではなく、犯罪者である証拠が100%そろっていても無罪を勝ち取る主人公の弁護士・明墨正樹を長谷川博己が演じ、視聴者に“正義とは果たして何なのか?”を問いかける。ほか、北村匠海、堀田真由、大島優子、木村佳乃、野村萬斎ら豪華俳優陣が出演している。

 第9話のラスト、明墨は工場社長殺人事件の証拠隠滅の疑いで逮捕された。証拠の上着を持って検事正・伊達原の元に姿を見せたのは、明墨法律事務所でパラリーガルを務める白木凛(大島優子)。隣では不敵に笑う緑川(木村佳乃)がいた。

 <以下ネタバレ有り>

 第一回公判で法廷で証言した白木(大島優子)。しかし、第二回公判では、伊達原(野村萬斎)の証拠隠滅が明らかになると、法廷から姿を消した。明墨は白木に緋山(岩田剛典)の血染めの作業服を渡し、自身が逮捕されるように伊達原の元に送り込んでいた。

 第9話で明墨を裏切った白木が舞い戻り、「やっぱりこちら側だった」「疑ってごめん」「やっぱり白木さん」「白木~」などの声が上がった。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「STARTO ENTERTAINMENT」特集記事

2024年6月16日のニュース