和田アキ子 人気ロックバンドボーカルの気遣いに「泣いたよ私」 「水着持ってきて」に「何すんねん」も…

[ 2024年6月15日 15:46 ]

和田アキ子
Photo By スポニチ

 歌手の和田アキ子(74)が15日、パーソナリティ―を務めるニッポン放送「ゴッドアフタヌーン アッコのいいかげんに1000回」(土曜前11・00)に出演。この日のゲスト、ロックバンド「TUBE」の前田亘輝(59)に感謝した出来事を明かす場面があった。

 和田と前田はかつて同じマンションに住んでいたことがあり、大みそかには和田の自宅で前田が「紅白歌合戦」を見て、出場していた和田が帰ると共に飲み明かしていたこともある仲だったとした。

 和田は「でも私やっぱりね、前田で忘れられないのが、私が腰痛めて立ち座り大変だったんですよ」という時に前田が「腰に効くジャグジーがあります」と声をかけてくれたことだとした。前田は「僕もずっと悪いんで。腰が」と話した。

 和田は前田から「水着を持ってください」と言われると、「何すんねんお前」と返答したとして苦笑い。「ジャグジーに水着で入るっていう感覚がなかったから。自分の中で腰悪いのに。足湯とかそんな感じだと思ってたからさ」と言い訳した。

 そうして施設に着き、和田が準備を終えると「玄関の方見たら、前田がずっとなんもせんと待ってるの。泣いたよあたし。“ありがとう”言うて」としみじみ。前田は「ちょっと水着にも興味あったし。アッコさんの水着姿ってどうなんだろうって言って」と冗談めかして笑わせると、「見ましたよ」と言い切った。

 そうしてジャグジーから出ると、和田は「車でだよ。2人だけで。送ってくれて。で一緒に帰った」と言い、「うれしかった~」と懐かしそうに話した。

 優しいと言われた前田は「いや分かるんだよ。歌い手で首と腰は、もう本当に踏ん張れないから。で、どんどんどんどん使っていっちゃうから。喉をどんどん傷めるみたいな」と歌手ならではの心遣いだったと明かした。
 

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「STARTO ENTERTAINMENT」特集記事

2024年6月15日のニュース