×

「鎌倉殿の13人」巴御前・秋元才加も「まさか」頼朝・大泉洋と対面 義仲討ち謝罪「複雑な感情」

[ 2022年7月3日 06:00 ]

大河ドラマ「鎌倉殿の13人」第25話。(左から)巴御前(秋元才加)和田義盛(横田栄司)安達盛長(野添義弘)源頼朝(大泉洋)。頼朝は木曽義仲討ちを巴御前詫びる(C)NHK
Photo By 提供写真

 俳優の小栗旬(39)が主演を務めるNHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」(日曜後8・00)は6月26日、第25話が放送され、源頼朝が巴御前と対面し、木曽義仲討ちを詫びた。巴御前役を好演している女優の秋元才加(33)は「まさか頼朝さんと対面するシーンがあるとは思ってもみなかった」と振り返った。

 <※以下、ネタバレ有>

 大河ドラマ61作目。タイトルの「鎌倉殿」とは、鎌倉幕府将軍のこと。主人公は鎌倉幕府2代執権・北条義時。鎌倉幕府初代将軍・源頼朝にすべてを学び、武士の世を盤石にした男。野心とは無縁だった若者は、いかにして武士の頂点に上り詰めたのか。新都・鎌倉を舞台に、頼朝の13人の家臣団が激しいパワーゲームを繰り広げる。三谷氏は2004年「新選組!」、16年「真田丸」に続く6年ぶり3作目の大河脚本。小栗は8作目にして大河初主演に挑む。

 第25話は「天が望んだ男」。身に降りかかる不幸が続き、不安にさいなまれる源頼朝(大泉洋)は阿野全成(新納慎也)に過剰に助言を求めた。一方、頼朝の嫡男・源頼家(金子大地)と比企能員(佐藤二朗)の娘・せつ(山谷花純)の間に長男・一幡が誕生。比企の台頭を危惧するりく(宮沢りえ)は夫・北条時政(坂東彌十郎)を焚きつけ…という展開。

 武蔵の豪族・稲毛重成(村上誠基)が妻に迎えた時政の四女・あき(尾碕真花)が3年前に病死。建久9年(1198年)12月27日、重成が追善の橋を架けた相模川で供養が営まれた。

 頼朝は全成の助言に従って凶兆を避け、縁起を担いで「方違え」をして参列。途中、和田義盛(横田栄司)の別邸に立ち寄り、巴御前(秋元)と面会。木曽義仲(青木崇高)討ちを詫びた。

 巴御前「巴にございます」

 頼朝「義仲殿には…すまぬことをした。あの時は、ああするより他なかった」

 巴御前「遠い昔の話にございます」

 頼朝「義仲殿もわしも、平家を討って、この世を正したいという思いは一緒であった。すまぬ」

 巴御前「義仲殿も、そのお言葉を聞いて、喜んでいることと思います」

 頼朝「そなたの顔を見ておると、あの時を思い出し、無性に謝りたくなった。(ふと我に返り)いかん、わしは何を言っておるのだ。振り返ってはならぬのだ。戻ってきたのが間違いであった。藤九郎、行くぞ。もうよい、別の道を行く」

 番組公式ツイッターに公開された秋元の「かまコメ(撮影直前・直後の音声コメント)」(2分9秒)は以下の通り。

 ▼源頼朝との対面シーンについて「このシーンをどういった気持ちで演じればいいのか正直凄く難しくて、現場に入るまで凄く考えていて、まさか頼朝さんと対面するシーンがあるとは思ってもみなかったので。義仲殿を討った人、最愛の人を殺した相手じゃないですか。“え!?難しい”というのが正直な気持ちで。(大泉)洋さんと対面して、お芝居させていただく中で、自分の思っていた頼朝と違うという。実際にやったことは人の命を奪ったり、残虐なイメージが凄くあったのに、お会いした時は“この頼朝さん、思っていたのと違う”となって。会うまでは凄く憎しみ、怒りの感情が出るのかなと思ったんですけど、また違った複雑な感情が湧き上がってきて、十何年も義仲殿が亡くなってから経っていて、和田(義盛)さんとも一緒に生活をしていく中で、亡くなった義仲殿への思いがそこで、何だろうな…ちょっと前に進めたと言ったらアレなんですけど。でも、義仲殿への気持ちが薄れたのではないかという不安だったり、大姫がちょっと前のシーンで“義高さんの体温とか気持ちが薄れていくのは、相手への思いが薄らいだのではないのですか”という台詞があって、私が巴として“そういうことではないんですよ”と言ったのが、モロに自分に降り掛かってきたみたいな感覚になって。許すまではいかないけど、ちょっと解けたみたいな感覚はありました」

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「上島竜兵」特集記事

2022年7月3日のニュース