×

青山テルマ 初の連ドラ現場 業界用語に天然さく裂「シロミって何?すしが出てくるの?」

[ 2022年7月2日 19:00 ]

TBS系ドラマ「ユニコーンに乗って」の制作発表会に出席した、(前列左から)杉野遥亮、永野芽郁、西島秀俊、(後列左から)前原滉、坂東龍汰、青山テルマ
Photo By 提供写真

 歌手・青山テルマ(34)が2日、リモートで行われたTBS系ドラマ「ユニコーンに乗って」(5日スタート、火曜後10・00、初回15分拡大)の制作発表会に出席し、慣れないドラマ現場での奮闘ぶりを明かした。

 ドラマ「ラジエーションハウス」シリーズなどを手掛けた脚本家・大北はるか氏のオリジナル脚本。若き女性CEO成川佐奈(永野芽郁)率いる教育系アプリを手掛ける企業「ドリームポニー」に突如、元銀行マンの小鳥智志(西島秀俊)が転職してきたことから動き出す、大人の青春を描いたドラマ。青山は同社に務める帰国子女のプログラマー・夏井恵実を演じた。

 勝手を知る歌手としてのステージと違い、初めての連ドラの現場は、青山にとって分からないことだらけ。「バミリとか、その業界用語みたいなのがあるじゃないですか?」と、言葉の壁を実感したという。

 他に理解できなかった用語は、同じシーンをカットをかけず中断し、カメラを別アングルに移動して撮影を再開する「白味」というもの。「“はい次、白味撮ります!”って。“シロミって何?いきなり、すしが出てくるのかな”って」と笑わせた。本番前に鳴るベルのような音も、携帯電話の着信音と勘違いし、「毎回、誰が電話してきているんだろうと思って。すごいKY(空気を読めない人)だなと思って」と打ち明けた。

 それでも刺激的な毎日を過ごしているようで、「知らないことがたくさんあって日々、勉強なんですよそれがおもしろいですね。私、キャストがめちゃくちゃ助けてくれるんですよ」と共演者たちに感謝していた。

 会見にはほか、永野芽郁、西島秀俊、杉野遥亮、坂東龍汰、前原滉が出席した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「矢沢永吉」特集記事

2022年7月2日のニュース