×

有村架純 連ドラ初出演で父親役のさだまさしは「ムードメーカー的存在」

[ 2022年7月2日 13:18 ]

有村架純
Photo By スポニチ

 女優の有村架純(29)が2日、TBS「王様のブランチ」(土曜前9・30)に出演。歌手のさだまさし(70)について話す場面があった。

 自身が主演を務める、8日スタートの同局金曜ドラマ「石子と羽男―そんなコトで訴えます?―」(金曜後10・00)で、連続ドラマ初出演するさだについて、お笑いトリオ「パンサー」の向井慧から「有村さんのお父さん(役)で、潮綿郎弁護士役にさだまさしさん。撮影現場ではどんな感じですか?」と質問が投げかけられた。

 有村は「ムードメーカー的存在ですかね。ずっとお話してくださりますし」と明かし、「今ツアー中で色々な所に行かれてるんですけど、必ずお土産を持ってきて下さるんですよみんなに。本当に優しい方です」と話した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「矢沢永吉」特集記事

2022年7月2日のニュース