×

拓郎 7・21「LOVE LOVE…」で最後のテレビ 光一メールきっかけ KinKiと初合作曲披露へ

[ 2022年6月25日 05:00 ]

日本フォークの旗手 吉田拓郎 年内で芸能活動終了の意向

7月21日放送のフジテレビ「LOVE LOVE あいしてる 最終回・吉田拓郎卒業SP」で一夜限りのパフォーマンスを披露する吉田拓郎(中央)と「KinKi Kids」の堂本剛(左)と堂本光一(C)フジテレビ
Photo By 提供写真

 吉田拓郎(76)が最後のテレビ出演番組として選んだフジテレビ「LOVE LOVE あいしてる 最終回・吉田拓郎卒業SP」(7月21日後8・00)。放送当日はKinKi KidsのCDデビュー25周年の記念日だ。

 10代だった堂本光一(43)剛(43)が1997年に「硝子の少年」でデビューする前の96年10月からスタート。01年3月まで約4年半レギュラー放送され、3人にとって思い出がたっぷり詰まっている番組だ。

 最終回では、今回のために拓郎が作詞、光一と剛が作曲を務め、3人で初めて合作に挑んだ「Sayonara あいしてる」を披露する。拓郎は「お互いに面識もなく、年齢差もあった僕らが集まって、始まりは偶然。そこからいろんな奇跡が起きて、今ここにいる。この感覚を感じられて凄く幸せ」と話している。

 今回特番が実現したきっかけは、光一が拓郎に送ったメールだった。今年の年始のあいさつで「今年こそ“LOVE…”が実現することを心から願っています」と送ると、拓郎はすぐに剛らに相談。番組プロデューサーにも「皆やる気満々。打ち合わせしませんか?」と連絡し、復活した。

 今でこそ作詞作曲を手掛ける光一と剛だが、番組開始当初は楽器を触ったこともなかった。企画を通して拓郎からギターを習ったり、初めての曲作りも経験した。

 スポニチ本紙の取材によると今月半ばにリハーサルが行われ、収録は月末を予定。ゲストには大物俳優や人気女性シンガー・ソングライターらが登場する。華々しい最終回になりそうだ。

 ◇LOVE LOVE あいしてる フォークの大御所の拓郎とアイドルのキンキという異色タッグが話題を呼んだ音楽バラエティー。篠原ともえや「THE ALFEE」の坂崎幸之助らがレギュラー出演し、ゲストとの軽妙なトークで人気を博した。01年3月に放送終了後は、年末年始の大型特番などで登場。前回はキンキのデビュー20周年となった17年で、今回は5年ぶりの放送となる。

続きを表示

「美脚」特集記事

「矢沢永吉」特集記事

2022年6月25日のニュース