×

吉本フットサルチーム、プロ相手に体張った! 今後はダウンタウン浜田加入に期待!?

[ 2022年6月25日 22:53 ]

プロフットサルチーム「立川アスレティックFC」とエキシビションマッチを行った吉本芸人フットサル軍団「よしもとウォーターFC」
Photo By 提供写真

 吉本芸人フットサル軍団「よしもとウォーターFC」がプロフットサルチーム「立川アスレティックFC」と対戦するエキシビションマッチが25日、「ウォーターポイント八王子」のオープン記念イベントとして東京都立川市のアリーナ立川立飛で開催された。

 イベントMCをペナルティのヒデが務め、よしもとウォーターFCのメンバーは、次長課長・河本準一、ジョイマン・池谷和志、はんにゃ・川島ofレジェンド、かたつむり・ニュー岡部、バイク川崎バイクが登場。バイク川崎バイク以外は全員がサッカー経験者で、けがあり、笑いありの体を張ったプレーでプロチームに挑んだ。

 芸人チームは全員が表情を引き締めて登場したが、MCのヒデから「だらしない体。全員が中肉中背です。一瞬でどっちがどっちのチームかわかる」と厳しい指摘を受けた。キャプテンを務めた河本は、よしもとウォーターFCはウォーターポイントにちなんで「水」にまつわる面々を集めたと説明。河本、池谷、川島、川崎と、水を連想させる字が入ったメンバーがそろったが、ニュー岡部は該当せず。ヒデから追及された岡部は「(トリオ名である)かたつむりは水辺にいます!」と苦し紛れに訴えて、会場を笑わせた。

 エキシビションマッチは10分ハーフで行われた。立川アスレティックFCの高速のパス回しに翻弄(ほんろう)され、芸人も必死に追いかけるものの、ほとんどボールに触ることもできず。すぐに失点し、河本が「うますぎるよ!ボールがダブって見える!ゲー吐きそうや」とお手上げ状態だった。5分後には、全員が膝やわき腹に手を当て、体が悲鳴をあげた。川島は「ハム(ハムストリングス)をやった…」とつぶやき、足を引きずりながらベンチに消えた。

 ハーフタイムを挟んだ後半は、よしもとウォーターFCが息を吹き返し、お笑いで見せた。横浜フリューゲルスのジュニアユースでプレーした経験も持つニュー岡部が、元サッカー日本代表の中村俊輔にふんしたものまねで登場。高速ドリブルも披露し、会場を沸かせた。肉離れで退場した川島も、ドリフターズの仲本工事にふんして再登場。こちらも会場を爆笑に包んだ。結局、大差で敗北し、河本は「ボールが3つにも4つにも見えた。本当にプロってすごい」と語った。

 終了後の取材では、ヒデがチーム拡大のプランを明かし「田んぼも水にちなんでいるのでOK。僕の相方の脇田、和牛の水田、ダウンタウンの浜田さんも入れたい。浜田さんはサッカー経験はないけど、パワーがあるからいてくれるだけでいい」と超大物の加入に期待した。

 今年はサッカーW杯の開催年。河本は「日本がドイツとスペインとやれることにすごく興奮している。しっかり戦ってくれたら日本のサッカーのレベルがまた世界に伝わる。やれると僕は信じています」と力を込めた。バイク川崎バイクも「まさにBKBしてほしいです。ボール(B)蹴って(K)ビクトリー(B?)、ヒィア!」と自身のネタを見せたが、ヒデに「ビクトリーはVだろ」とツッコまれて撃沈した。

 今回のイベントは立川アスレティックFCのプラチナパートナーであるウォーターポイント株式会社が、「ウォーターポイント八王子」をオープンしたことを記念して開催。ウォーターポイント八王子は、地下40メートルから八王子の水をくみ上げ、最高品質の製品水を生産する宅配水の製造工場。災害時で断水した時でも、1日に2000人分の飲料水を供給でき、防災拠点としての機能も備えている

続きを表示

「美脚」特集記事

「矢沢永吉」特集記事

2022年6月25日のニュース