×

「鎌倉殿の13人」アサシン善児 衝撃任務&タッグにネット戦慄「エグい」政子懐妊→まさかの“善児死”

[ 2022年3月20日 20:45 ]

大河ドラマ「鎌倉殿の13人」第11話。梶原景時(中村獅童)から「わしに仕えよ」と呼び止められる善児(梶原善・手前)(C)NHK
Photo By 提供写真

 俳優の小栗旬(39)が主演を務めるNHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」(日曜後8・00)は20日、第11話が放送された。

 <※以下、ネタバレ有>

 ヒットメーカーの三谷幸喜氏が脚本を手掛ける大河ドラマ61作目。タイトルの「鎌倉殿」とは、鎌倉幕府将軍のこと。主人公は鎌倉幕府2代執権・北条義時。鎌倉幕府初代将軍・源頼朝にすべてを学び、武士の世を盤石にした男。野心とは無縁だった若者は、いかにして武士の頂点に上り詰めたのか。新都・鎌倉を舞台に、頼朝の13人の家臣団が激しいパワーゲームを繰り広げる。三谷氏は2004年「新選組!」、16年「真田丸」に続く6年ぶり3作目の大河脚本。小栗は8作目にして大河初主演に挑む。

 第11話は「許されざる嘘」。源頼朝(大泉洋)の新たな御所が鎌倉に完成。坂東武者に平家の旧領を恩賞として与えるなど着々と体制が整えられ、北条義時(小栗)も慌ただしい日々を送っていた。しかし、りく(宮沢りえ)は頼朝の舅である夫・時政(坂東彌十郎)の処遇の低さに不満が募る。一方、都においては平清盛(松平健)が敵対勢力の掃討に乗り出し、その苛烈さに人々が恐れおののく。そんな中、平家討伐を焦る源義経(菅田将暉)は集った兄たちの前で…という展開。

 1181年(治承5年)冬、北条政子(小池栄子)が2度目の懐妊。阿野全成(新納慎也)によると、親が徳を積めば望みの男児が生まれるとあり、伊東祐親(浅野和之)&祐清(竹財輝之助)父子の恩赦が決まったものの、一転、全成は「生まれてくるお子のためには、まず千鶴丸(頼朝と八重の子)が成仏しなければなりません。その功徳によって、再び男として生を受けるのです。お命を奪ったのは、伊東祐親殿と聞いております。伊東殿が生きておられる限り、千鶴丸様の成仏は難しいかと」と進言。頼朝の命令の下、祐親に仕える下人・善児(梶原善)が祐親&祐清父子に手をかけた。

 義時にとって、祐親は祖父。頼朝の家臣となった梶原景時(中村獅童)は「わしがお迎えに上がったところ、ご子息とともにご自害された」と説明。既に亡骸もない。「あの方に限って決して、そのようなことは」「おかしい!」と憤る義時は「人を許す心が、徳となるのではないのですか。それゆえ、望みのお子を授かるのでは!」「爺様はもう、帰ってはきません!」と鬼の形相になり、頼朝に猛抗議した。

 御堂の全成は「胎内のお子は、生まれても定命が短いと出ておる。千鶴丸はいまだ成仏できておらぬ。千鶴丸を殺めた者が生きている限りは…」。裏庭。景時は立ち去る善児を呼び止める。「善児、わしに仕えよ」。振り向いた善児は膝をつき「へぇ」――。頼朝の冷酷な命令に、景時の衝撃のスカウト。千鶴丸暗殺を善児に命じたのが祐親だったため“因果応報”となった。

 SNS上には「怖い怖い背筋が凍る」「今日は因果応報回すぎる」「因縁の続きが悲劇を呼ぶ。恐ろしい脚本」「想像以上に『許されざる嘘』の内容が…たぶん、今までで一番エグい回」「梶原景時と善児のタッグ、怖すぎる」「普通は義経=善玉、景時=悪玉。でも、このドラマの義経は屈折していて、景時はここまでのところ、むしろ誠実な印象…と思ったら、景時、このドラマ最大のダークサイド・善児とタッグ組むのか」「1話で何週分の要素が入ってたの」「今回マジで地獄のピタゴラスイッチだった…本来めでたいはずの出来事が起点になって、それぞれが良かれと思った一言や行動がまさかの最悪な結末」などの声が続出。反響を呼んだ。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「上島竜兵」特集記事

2022年3月20日のニュース