×

さんま 楽天・マー君に伝えたいこと「奥様がどれだけ一生懸命…」 負けず嫌いエピも披露

[ 2021年12月6日 21:45 ]

明石家さんま
Photo By スポニチ

 お笑いタレント、明石家さんま(66)が6日放送のNHKドキュメンタリー「プロフェッショナル 仕事の流儀 田中将大スペシャル2021」(後ろ7・30)にVTR出演。親交がある楽天の田中将大投手(33)について語った。

 8年ぶりに日本球界に復帰した田中に迫った番組。さんまは田中の印象を問われ、「顔も親しみやすい顔もしているし、手を抜かないところが好きですね。あれぐらいのピッチャーになると手を抜くところが出たりもするんですけども。だから一生懸命、あの取り組み方が」と、その姿勢を絶賛した。番組スタッフに向け「俺も一生懸命やる。見ているやろ?全力投球やで」とアピールすることも忘れなかった。

 田中の性格に関しては「ものすごく負けず嫌いです」とコメント。オフシーズンに豪州でゴルフをしたことがあったといい、「パターの時(田中が)ボールをちょっと前にしますしね。5ミリぐらいですけど。5ミリでも前にきて勝ちたいという。本当に負けず嫌いです」と明かした。

 ヤンキース時代、毎年ニューヨークを訪れ、田中の妻・里田まい(37)とともに試合を現地観戦していたという。「奥様が一緒に応援しに行くんですけど。ずっと手をにぎっていらっしゃって。ずっと毎試合、ニューヨークで行われる場合、祈ってらっしゃる。これはマー君に伝えてほしい。奥様がどれだけ一生懸命あなたのピッチングを見守っているかを」と訴えた。

 今シーズン、田中は「勝たなきゃいけないプレッシャー」と戦っていたと分析、そのため連絡するのを躊躇していたそうだ。「3位と4位、ソフトバンクとの争いの中で自分(田中)が7月から勝っていないので。7月から僕もLINEしていないんですよ」と明かし、「かける言葉がないので。今マー君に『頑張れ、ドンマイ』とか言ってもおかしいでしょ?あれだけ力がある人に。だから悔しいだろうし…」と、気遣いの言葉も口にしていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「上島竜兵」特集記事

2021年12月6日のニュース