×

純烈 思い出の地・明治座で座長公演初日「二度と呼ばれることはないと思っていた」

[ 2021年7月3日 05:30 ]

明治座の座長公演の初日を終え会見した(左から)磯野貴理子、純烈の後上翔太、酒井一圭、白川裕二郎、小田井涼平、星野真里、曽我廼家寛太郎
Photo By スポニチ

 4人組ムード歌謡グループ「純烈」が2日、東京・日本橋浜町の明治座で座長公演の初日を迎えた。

 19年1月にスキャンダルでメンバーが脱退した失意の中、前川清(72)の座長公演で再出発した思い出の地。リーダーの酒井一圭(46)は「迷惑をおかけして、二度と明治座さんに呼ばれることはないと思っていた」と感無量の様子。また何度もライブを行った「大江戸温泉物語」が9月5日に閉館することに「サヨナラ公演をしたい希望はある。いつか跡地に純烈健康センターを造るしかない」と話した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「矢沢永吉」特集記事

2021年7月3日のニュース