大塚千弘 W主演映画で大人青春ダンス「血まめだらけになって…4キロ痩せた」

[ 2020年12月14日 05:30 ]

競技ダンスのポーズを取る内田慈(左)と大塚千弘
Photo By スポニチ

 女優の大塚千弘(34)と内田慈(37)が13日、都内でダブル主演映画「レディ・トゥ・レディ」(監督藤澤浩和)の舞台あいさつを行った。

 競技ダンスの男女ペアというルールの壁を打ち破ろうとする女性2人の物語。約1カ月半特訓を積み、男性パートを担った大塚は「足が血まめだらけになって、とにかく痛かった。知らないうちに4キロ痩せていました」と苦笑い。「スポ根映画で、ちょっと年上の青春ストーリー。元気をもらってください」と訴えた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「加藤綾子」特集記事

2020年12月14日のニュース