三浦翔平 舞台あいさつで目を潤ませる「彼の熱量を目に焼き付けてほしい」

[ 2020年12月1日 05:30 ]

映画「天外者」完成披露試写会舞台あいさつに出席した三浦翔平
Photo By スポニチ

 7月に急逝した俳優三浦春馬さん(享年30)の遺作となった主演映画「天外者(てんがらもん)」(監督田中光敏、11日公開)の完成披露試写会が30日、都内で開かれた。共演した三浦翔平(31)らが舞台あいさつを行った。

 春馬さんが幕末から明治時代に政商として日本の発展に尽力した五代友厚を演じた作品。坂本龍馬を演じた翔平は「春馬くんがいたからこそ出せた龍馬です」と感謝。「僕ら全員、いろんな思いを抱えてここに立っています。彼の熱量を目に焼き付けてほしい」と話し目を潤ませた。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年12月1日のニュース