前澤友作氏に紺綬褒章 台風被災の千葉・南房総市に多額寄付

[ 2020年9月10日 17:36 ]

紺綬褒章を受けた前澤友作氏(左)と石井裕・南房総市長
Photo By 提供写真

 インターネット衣料品通販大手ZOZO(ゾゾ)創業者の前澤友作氏(44)に紺綬褒章が授与されたことが10日、明らかになった。昨年の台風15号で被災した千葉県南房総市に対し、多額の寄付をしたことが評価された。

 紺綬褒章は公共のため国や地方公共団体などに多額の私財を寄付した個人や団体に天皇陛下から授与されるもの。南房総市が今年3月に千葉県の森田健作知事を通じ国に対して、褒賞授与の答申を行っていた。市によると、8月に前澤氏に発令された褒章と章記がこのほど市に届いたことから、石井裕市長が今月8日に都内で前澤氏に手渡した。

 前澤氏は千葉県在住。地元の復興を支えるために寄付やボランティア活動などで支援しており「このような栄誉ある褒章をいただいて光栄です。今後も地域のためにできることがあれば協力していきたい」とコメントした。

続きを表示

「美脚」特集記事

「竹内結子」特集記事

2020年9月10日のニュース