須藤理彩 逮捕された芸能人の出演作「全部が全部ダメっていうのは違う」

[ 2020年9月9日 10:21 ]

須藤理彩
Photo By スポニチ

 女優の須藤理彩(44)が9日、日本テレビ系「スッキリ」(月~金曜前8・00)に出演。8日に東京都目黒区の自宅で大麻を所持したとして、大麻取締法違反(所持)の疑いで現行犯逮捕された俳優の伊勢谷友介容疑者(44)が出演する作品について語った。

 同局のドラマ「サバイバル・ウェディング」(2018年7月期)で、伊勢谷容疑者と共演経験のある須藤。「俳優としての才能というものも、すごいものを持ってらっしゃったので、これまでの作品がどうなるのかとか、そういうことも考えてほしかった。とても残念です」と語った。

 これまでも俳優やアーティストの逮捕を受けて、本人が出演する映画やドラマ、CDやDVDの作品については放送や公開、発売について対応が行われてきたほか、“作品と罪は別”といった議論も交わされてきた。

 須藤は「私もいつも悩むんです」とコメント。「やっぱりテレビだったりスポンサーさんがいるものに関しては、スポンサーさんの意向が大事になってくるんですけど」としたうえで、「映画とかCD、(消費者が)自分で選べるものに関しては私たち、お客さんに選択権があると思うので全部が全部ダメっていうのはちょっと違うのかなって」と私見を語った。

続きを表示

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2020年9月9日のニュース