宝塚歌劇団 轟悠と小池修一郎氏が特別顧問就任

[ 2020年7月19日 11:28 ]

 宝塚歌劇団は19日、前日付で劇団理事で専科スターの轟悠(とどろき・ゆう)が特別顧問に就任したと発表した。現役生徒の特別顧問は松本悠里(まつもと・ゆり)に続いて2人目。

 またミュージカル「エリザベート」などの演出家で知られる小池修一郎氏(65)も理事を退任し特別顧問に就任した。歌劇団によると轟は今後も舞台などに出演し、小池氏もこれまで通り演出活動は続ける。

 轟は85年入団。97年に雪組トップスターに就任し02年、専科へ。翌年劇団理事就任後もコンスタントに大劇場、宝塚バウホールなどで主演をつとめている。

続きを表示

「美脚」特集記事

「三浦春馬」特集記事

2020年7月19日のニュース