元純烈・友井雄亮氏、焼肉店店長で再出発 脱退から1年半「“ちゃんと俺、変わるから見てて”という思い」

[ 2020年6月21日 05:30 ]

店舗の看板前でお肉を手に笑顔の元純烈・友井雄亮(本名・牧山雄亮)氏 (撮影・後藤 大輝)
Photo By スポニチ

 人気歌謡グループ「純烈」の元メンバー友井雄亮氏(40)がこのほど大阪市内でスポニチ本紙取材に応じ、脱退後初めてメディアに姿を見せた。過去の交際女性への暴力や金銭トラブルが報じられ、昨年1月に芸能界を引退。今年6月から出身地の大阪で焼き肉店店長、牧山雄亮(本名)として“第二の人生”を歩み始めていた。

 騒動から約1年5カ月。北新地の雑居ビル5階、焼き肉店「神威(かむい)」にその姿はあった。華のある見た目は変わらないが「体重6キロ増えたし、40歳のオッサン」と苦笑いを浮かべた。

 2018年末に念願のNHK紅白歌合戦に出場を果たした直後のスキャンダル。まさに天国から地獄だった。「芸能人は夢を売る仕事。夢を壊した自分は失格」と引退を決意。元恋人への暴力という重い事実に、純烈のリーダー酒井一圭(45)は「カウンセリングが必要」とした。

 友井氏も「まっとうに生きるために友井雄亮をやめて牧山雄亮に戻る。根本の自分を一からやり直さな、ほんまにダメになる」と猛省した。心療内科を受診してカウンセリングを受けたと告白。芸能人でなく人としての再起に努めた。「スマホの電源切って家にこもり、どうしたら弱い自分に勝てるかずっと考えました」と話した。

 メンバーには引退後一度も連絡していないという。昨年の紅白出場には「めちゃめちゃホッとしました」。出場決定を伝えるテレビ画面に「ありがとう」と思わず呼び掛けた。「僕のせいで無理やったら、と不安やった。足引っ張ってんなあ…と」と回想。今も「家族」と思い活躍を見守るが、活動への「未練は全くない」と断言した。

 昨年末、知人から店長への誘い。カウンセリングでは医師に「芸能に代わる天職を見つけるのが大事」と言われていた。役者時代にアルバイトをしていたこともあり飲食業には興味があった。「こんな俺でよければぜひやらせて」と返した。

 開業まで猛勉強した。食肉処理場を見学し、知り合いの焼き肉店で皿洗いと、一から修業。激戦区・大阪の焼き肉店を片っ端から訪ね、味やサービスを研究した。

 40歳から始まる第二の人生は「心配してくれた人たちに“ちゃんと俺、変わるから見てて”という思い」と語る。「純烈は今年の紅白にも出てほしいし、僕はこの店を繁盛させる」と目標を設定。かつてのファンには「直接謝罪やお礼も言わずに去り、申し訳なさでいっぱい。今は僕も元気に頑張ってるので、来店いただけたら最高の焼き肉とサービスを提供します」と恩返しを誓った。

 《「神威」今月開店》神威は今月1日に開店。A4ランク以上の肉を使用する高級店で、現在は新型コロナウイルスの影響で営業時間を短縮、密を避けるため席を空けて案内している。北新地はクラスターが発生したエリアとあって客足はまだ鈍い。苦難のスタートとなったが「どこも大変なのは同じ」と腹をくくる。

 《4人23日再始動》純烈は新型コロナウイルス感染拡大のためライブ活動を休止していたが、デビュー記念日となる23日から再始動する。東京・お台場の大江戸温泉物語で無観客スーパー銭湯ライブを開催。やはり動きだした友井氏に対して何らかの言及があるのか注目される。

 【友井氏の騒動経過】
2018年12月31日 純烈がNHK紅白歌合戦初出場
19年1月8日 週刊文春デジタルでDVと金銭問題が報じられる
同9日 メンバーに引退の意思を伝える
同11日 単独会見で引退を表明
同15日 純烈4人が会見。騒動を謝罪し友井氏との決別を宣言
同24日 純烈が東京・明治座での前川清座長公演に出演し、4人体制となって初の歌唱披露
2月9日 純烈が大阪・箕面温泉スパーガーデンでライブ。友井氏が事務所に送ったファンへの手紙(謝罪文)を酒井が代読

 ◆友井 雄亮(ともい・ゆうすけ)本名牧山雄亮(まきやま・ゆうすけ)。1980年(昭55)4月2日生まれ、大阪府出身の40歳。2001年「仮面ライダーアギト」に仮面ライダーギルス役で出演。06年に一度芸能界から引退するも復帰し純烈に加入。06年に元女優の勝村美香さんと結婚、長女をもうけたが08年に離婚した。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「ジャニーズ」特集記事

2020年6月21日のニュース