王将戦第7局第2日 渡辺王将、広瀬八段“勝負メシ”は佐渡名物ブリ料理

[ 2020年3月26日 12:42 ]

<王将戦 第7局 第2日>渡辺明王将の昼食 「鰤の香味ステーキ定食」  (撮影・西川祐介)
Photo By スポニチ

 将棋の第69期大阪王将杯王将戦7番勝負(スポーツニッポン新聞社、毎日新聞社主催)第7局(新潟県佐渡市・佐渡グリーンホテルきらく)第2日の26日午後0時30分、両対局者が昼食休憩に入った。

 渡辺は「ブリの香味ステーキ定食」、広瀬が「ブリ漬丼」と両者とも地元名物のブリ料理を選択。佐渡市は2005年から“市の魚”としてブリを制定。漁獲量が多く、毎年12月には「寒ブリ大漁祭り」が開催されている。近くの食事処(どころ)「よろこんで」のものが提供された。

 対局は午後1時30分に再開される。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「志村けん」特集記事

2020年3月26日のニュース