須田亜香里「距離感が大事」 握手会の秘訣力説も 野呂佳代「つばとか…」西野未姫「鼻くそが…」

[ 2020年1月14日 11:34 ]

(左から)野呂佳代、須田亜香里、西野未姫
Photo By スポニチ

 SKE48の須田亜香里(28)、元AKB48でタレントの野呂佳代(36)、西野未姫(20)が13日放送のTBS「中居くん決めて!」(月曜後11・56)に出演。48グループの握手会について語った。

 2018年のAKB48選抜総選挙では2位に輝き、握手会ではファンをメロメロにさせる神対応で“釣り師”として知られている須田。この日の番組では「プライベートではどれだけ神対応?」と題して須田に密着する企画を行った。

 スタジオでは握手会でのやり取りをお笑いコンビ「トレンディエンジェル」のたかし(33)を相手に実演。神対応を受けた、たかしは「気持ちいですね。顔が近い」と須田の握手を絶賛した。須田は握手の秘訣を「(ファンとの)距離感が大事」と力説して神対応ぶりを披露した。

 しかし、これに反論したのは西野と野呂。MCの中居正広(47)から握手会の様子について話を振られると野呂は「こんなんじゃない。つばとか飛んでくるのも嫌」と言い放ち、西野は「私は1回、鼻くそが飛んできたことがある」と自身の経験を明かしてスタジオを笑わせた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年1月14日のニュース